このページではJavaScriptを使用しています。

古代出雲歴史博物館

更新日時:2009年3月20日
基本データ
住所 〒699-0701 出雲市大社町杵築東99-4
電話 0853-53-8600
FAX 0853-53-5350
URL http://www.izm.ed.jp/
E-mail HPの「お問い合せ」フォームをご利用ください
受付時間 9:00-18:00(11月-2月は9:00-17:00)
定休日 毎月第3火曜日(祝日の場合は翌日が休館日)
最寄りのバス停 歴史博物館前、正門前
コメント ・障がい者手帳を提示、ご本人と介助者1名まで無料(減免)
・受付や窓口にはアテンダントの方、展示室内や来客時の要望を聞くバリアフリー講習を受けられたボランティアスタッフの方が館内に配置されているので、要望がありましたらお気軽にお声がけください。
バリアフリーデータ
玄関における段差 なし
館内身障者トイレ
館内点字ブロック ○(※1)
専用駐車場
身障者用駐車場
車いすの貸し出し
手話ができるスタッフ なし
その他 ※1 展示室内のみなし
※2 受付にて、筆談用ボード、音声ガイド、館内触知図の貸し出しあり、授乳室あり
現地の様子

外観の画像 クリック・Enterで拡大
外観

身障者用駐車場の画像 クリック・Enterで拡大
身障者用駐車場

玄関前の画像 クリック・Enterで拡大
東側玄関

展示案内板の画像 クリック・Enterで拡大
東側玄関にある点字案内板、手押し車、電動車いす(上下のみ電動)、ベビーカーなど。

玄関受付の画像 クリック・Enterで拡大
玄関受付(アテンダントの方が常駐

音声ガイドの画像 クリック・Enterで拡大
受付にある音声ガイド、筆談ボード、館内用点字触知図

展示室内の画像 クリック・Enterで拡大
展示室内

御取納丁銀のレプリカの画像 クリック・Enterで拡大
触れることができる展示が各種あり(写真は毛利元就が朝廷に献上したと伝えられる、長さ16㎝・重さ160gの御取納丁銀のレプリカ)

身障者トイレ内部の画像 クリック・Enterで拡大
館内にある身障者トイレ(身障者トイレは、館内、駐車場、体験工房、各所にあり)
調査員からのコメント
視覚障がい者(全盲)/女性 展示室の中には、音声による説明、触れることができる展示品、体験コーナーがあって楽しむことができました。
東側玄関には誘導鈴や、備え付けの点字案内板があります。玄関を入ると「案内板はこちらです」という音声が聞こえ、比較的簡単に見つけることができました。
点字案内板の右側にインターホンがあり職員の方と話をすることができるようになっています。
受付ではラミネート製の持ち運びできる館内の触知図を借りることができて、展示室やトイレの位置を確認できます。
入り口から展示室付近まで、点字ブロックがあり手がかりになります。
入り口を入ってしばらくすると、音声ガイドが聞こえて、トイレや受付の方向を確認するのに便利です。
荷物を預かるサービスがあって、身軽になって歩くことができます。
事前に予約をすると、手引きの研修を受けたスタッフやガイドボランティアの方による誘導が可能です。